あなたはもう傷ついた子どもじゃない | 女性起業家のための はじめてのWordPress

あなたはもう傷ついた子どもじゃない

WordPress

「復讐とは、自分で毒を飲んで、相手が死ぬのを待つようなものだ。」

これは、『STAR WARS』のレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャーの言葉。女優であり、またドラッグ中毒の経験を自伝『Postcard from the Edge』で告白し、この自伝は『ハリウッドにくちづけ』というタイトルで、メリル・ストリープ、シャーリー・マクレーンという豪華キャストで、映画化されている。

 復讐を選択するということは、いつまでも闇にいることを選択すること。

 過去の痛み、自分の悲しみといったものを認める必要はあるけれども、傷ついた自分の「意識体」といつまでも一体化して、感情に飲み込まれていると「いま現在」にグラウンディングできなくなる。インナーチャイルドをケアする時も、大人意識をしっかり持つことが重要。

 犠牲者意識を捨てよう。そして、気をつけて言葉を選び、あなたのひと言ひと言が、柔軟に、神聖で美しい未来をかたちづくって行くのを見届けて。

 「報われない愛」にいつまでも飲み込まれていないで、ジョー・マローンのポメグラネート・ノアールの香水、ビジューのついたシックなバッグを片手に、大人の女性であるゴージャスな自分を楽しもう。あなたは、もう傷ついた子どもじゃない。

マローン香水

まずは60分 10,000円(税込)で、コンサルティングを受けてみませんか?

コーチ、コンサル、セラピスト、スピリチュアルカウンセラーさんの、行き詰まっている原因を整理し、ほんとうにやりたいこと、コンセプトの見直し、商品のパッケージやビジネスモデルを見直すためのサポートをします。

今すぐ初回コンサルティングを予約する
スポンサーリンク

関連記事一覧

Copyrighted Image