WordPressのスキルは在宅ワーカーにも有利です

WordPress

在宅ワーカーにもWordPressのスキルは必要?

[talk words=’この前、美容記事のライター募集のエントリーしたら「WordPressブログの運営経験の有無」、聞かれたわ〜。’ avatarimg=’http://662562ce18cc403d.main.jp/wp-content/plugins/speech-bubble/img/zaitaku2.jpg’ avatarshape=1 align=r]

 

在宅ワークをしている友人と話していたのですが、今は、クラウドソーシングを使った、在宅ワーク副業でも、WordPressで記事投稿できた方が、+αの収入が望めるそうですね。

 

普通、在宅ワーカーからの記事の納品は、word、Excel、メモ帳などのテキストエディタを使って行うことが大半です。しかし、記事を募集している発注元の多くは、WordPressでブログの運営をしています。

 

発注元の身になれば、最初からWordPressに慣れているワーカーに頼む方が、説明の手間も省けますし、納品もスムーズですよね。

 

スキルはどうやって身につける?

 

発注元から配布されるチュートリアルや、インターネット上でもWordPressの基本操作というものは学べますが、やはり操作画面に慣れるまでは、少し戸惑うことがあります。

 

管理画面の用語や、画像のアップロードや、見出しの設定、文章の装飾の仕方やリンクの貼り方、テキスト画面での作業など、WordPress特有の操作があります。

 

そういうものは、やはり自分で、WordPressを使った「ブログ」を一度作って、日記など書いて慣れるのが一番の早道です。それだと納品する時も、相手の立場に立って「どんな風な状態で渡されると嬉しいのか?」ということが理解できますね。ブログをどんどん書いていくと、文章力もアップするというおまけもついてきます。

 

 

WordPressは、今や必須スキル?

 

なにせ、ライターさんから、テキストエディタで提出された記事を「WordPress仕様に整えて納品できるようにする」修正作業だけの仕事も存在するぐらいですからね~!

 


確かに、数年前から、私が働いていた派遣の現場やアルバイト先でも、ホームページに併設されているブログって、全て「WordPress」でした。あの頃から、WordPressを使って、「新着情報」や「ブログ」などを投稿していましたね。

 

WordPressって、そのうちword、Excelなんかと同じように、どこでも必須のスキルになっていくんじゃないでしょうか。もう、大学の授業とかでも使ったりしてないのかな?

 

他に在宅ワーカーに有利なスキルは?

 

そうそう、在宅ワーカーに必要なスキルの応用編として、SNSの使用経験はもちろんのこと、ネットオークションの経験や、アフィリエイト経験もアドバンテージが高いですね。

 

新しいものが出たら、とりあえず、何でもトライしてみたり、せめて「検索」して、時代の流れをキャッチしておくことも必要かなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
まずは60分 10,000円(税込)で、コンサルティングを受けてみませんか?

コーチ、コンサル、セラピスト、スピリチュアルカウンセラーさんの、行き詰まっている原因を整理し、ほんとうにやりたいこと、コンセプトの見直し、商品のパッケージやビジネスモデルを見直すためのサポートをします。

今すぐ初回コンサルティングを予約する
スポンサーリンク

関連記事一覧

Copyrighted Image