セラピストや女性の個人事業主のWebコンサルタント。WordPressのサイトの企画、制作、運営までをプロデュース。女性のココロをつかむ、女性向けデザインのWordPressなら、おまかせください。ヒーラー、JSEA認定スピリチュアルコーチ。

Sponsored Link

Webにおける「センス」とは?

Webにおける「センス」とは?
この一つ前の記事で、

WordPressに関して、私のポジショニングというか、オリジナルは、

女性のココロをつかむ、

「センス」×「マーケティング」だと言いました。

Webにおけるセンスって、キュレーション能力。

「選択眼」だと思うんです。

イチから作るというよりは、いかにイキのいい情報にアクセスして、魅力的なページを作れるか。

それは、キーワードの選び方であったり、

著作権フリーのおしゃれな海外の写真サイトを見つけてくる能力であったり、

勢いのあるインフルエンサーやコミュニティを選ぶ嗅覚であったり、

参考になる、クオリティの高いサイトを作っているクリエイターを探し出す力であったり、

無料のおしゃれフォントや、かっこいいバナーの作り方の情報や、

WordPress関係のカスタマイズ情報のブログなんかも読み漁ります。

こういう情報を集めているときの私って、あれです。

まんま、矢をつがえたハンターのようです。

息がしんと静まって、時間がゆっくり流れるような、

ちょっと神がかりな感じすらします。

それが、至福なんですよねえ♡

センスに関していえば、美的感覚を培われたのは、やっぱりアートギャラリーに勤めていた経験でしょうか。





この時は、サザビーズやクリスティーズに出品されたりもする、数十万、数百万円のミュージアム・ピースの「写真」の作品に毎日囲まれていました。なので、力のない作品というのは、逆にすぐわかるようになったのです。

キュレーション能力も、この経験で磨かれました。

お宝写真ですね!荒木さんの個展をしたときの写真♪

写真展をオーガナイズするには、取捨選択眼が必要です。

ぜーんぶが主役みたいな作品ばかり並べると、見る人がお腹いっぱいになってしまいます。(業界ではcream skimmingと言ってたかな。ケーキのクリームだけ、つまり美味しいとこばっかり、みたいな意味?)

際立たせたい作品と、アンサンブルを奏でる作品で、展覧会という一つの世界を作りあげるには、言葉にならないバランス感覚が必要。
センスは体験の量によって磨かれる

エクスマの藤村正宏さんの言葉です!

千本ノックや、筋トレみたいに、センスを磨く場に、身を置けたことに感謝ですわ〜。

もちろん、センスを形にするだけですと、ともすれば、感性だけで読者の方に届きづらいサイトになってしまうので、マーケティングが必要になるわけです。

ということで、この記事は、また、次に続きます!
シリーズ記事も書いてます♡『WordPressにした方がいいのか迷っているセラピストさんへ』



Sponsored Link