女性が満足するコンサルティングとは? | 女性起業家のための はじめてのWordPress

女性が満足するコンサルティングとは?

トータルプロデュース

女性のコンサルは、カウンセリング?

女性のお客様の場合、コンサルティングの「対話の型」はどちらかと言えば、カウンセリングに近い。

そう感じます。

「これ、どうですか? 」
「どうしたらいいと思いますか? 」
「どっちがいいでしょうか? 」

こうした問いに

「じゃあ、どうしたいですか?」
「どうなりたいですか?」

とキリッと切り替えされると、なんだかちょっと「グッ」と詰まってしまうことありませんか?

私など、夫に何かを相談した時に、そんな風に返されると、なんか壁にでもコツンと当たったような気がするんですよね、、、。

女性が一番安心するもの、それは「共感」

女性のコンサルをする時は、「共感」なくしては前に進めない、と私は思います。

いっぱいおしゃべりして、共感して、 聞いてもらった、という満足感。

さっきの問いであれば、

「そうですね〜。それもすごくイイと思います。なぜなら(理由)だから。それだったら、こういうのもいいかもですね〜、、、(続く)。」

女性のおしゃべりがコンサルになるの?と言われそうですが、

いつのまにか答えが出てて、

なんだか楽しくなって、

ワクワクした未来がパーッと見えて、

やるぞーって、モチベが上がる。

語尾に♡がつく感じと言えばいいでしょうか?

男女の違い

質問をした時に、「それで、どうしたいの?」 とか、言われたら、なんでしょうね?
エネルギーのフローがそこでストップしてしまう感じ?

私の好きな物語『ゲド戦記』に、 男の魔法と女の魔法の違い、みたいな話がでてくるんです。

男の魔法は理(ことわり)や均衡を重んじ、それに引き換え、女の魔法は植物や呪術、人間の営みなどが渾然一体となったもの。男の魔法は清冽、女の魔法は卑しい呪術、みたいな差別がある。

でも、男の魔法は「理論」なので、最後には「空」をつかむようで、女の魔法使い見習いは「心がついていかない」のです。

なんか違う、とか、ハートの違和感って、大事ですよね。それこそ、内なる声

それは、女の場合、一見無駄に見えるおしゃべりの中から生まれてくる。

そして、生まれたてのそれは、共感という安全なゆりかごの中で守られて育つ。

おしゃべりと共感の中から生まれるホームページ

内なる声のあるところから生み出されるパワーって、 理論の危うさでない、ほんとの根っこ。

私のトータルプロデュースは、ひたすらおしゃべりが続く感じですね。

zoomで、LINEで、メールで、ちょっとした隙間にスマホで会話する。

「慶子さん、思いついたアイデア、シェアしますね。」
「原稿出来ました♡送ります。おやすみなさい。」

だから、めちゃくちゃイメージの共有率、ハンパないです。

ちゃんとその都度、気持ちや言葉も受け止めるため、満足感も高いのです。

そうすると、お一人にかかりっきりになるので、あんまり大人数は受けられないです。

女性特有の、気分が揺れる感じ。

「やっぱりこっちもいいと思うんです。」
「私どれがいいと思いますか? 」

そういう機微にも対処してこそ、満足いただけるサポートができると思います。

行きつ戻りつするおしゃべりと共感の中から生まれるホームページには、お客様の愛着もひとしおです。 

女性のホームページづくりは、プロセス自体が醍醐味であるともいえますね。

まずは60分 10,000円(税込)で、コンサルティングを受けてみませんか?

コーチ、コンサル、セラピスト、スピリチュアルカウンセラーさんの、行き詰まっている原因を整理し、ほんとうにやりたいこと、コンセプトの見直し、商品のパッケージやビジネスモデルを見直すためのサポートをします。

今すぐ初回コンサルティングを予約する
スポンサーリンク

関連記事一覧

Copyrighted Image