お客さまの心理的ハードルを下げる方法

心理的ハードル
アラフォー女性のための起業コンサルティング
keiko
こんにちは!女性起業家のITサポートとSNS集客の専門家、西谷慶子です。

初めての場所って、気が抜けない

東京に引っ越して3ヶ月になろうと
していますが、まだ正直、
慣れないこともいっぱい!

 

例えばどこかへ出かけるにも、
大事をとって、時間の余裕をみて
電車に乗るようにしています。

 

最初の頃は、「えっ!?この駅って、
路線の乗り換えにこんなに距離あるの!?」
みたいなトラップにはまって、
セミナーに遅刻しそうになったり。

 

初めての場所、って、
気が抜けないものですよね。

 

これは、あなたのお客様の場合も
同じことが言えます。

お客様は「私、行ってもいいんでしょうか?」と不安

 

例えば、セミナーやワークショップ、
お教室に、お客様に来て
いただきたいとしましょう。

 

どんな情報が事前にあれば、
お客様は安心してくれるでしょうか?

 

場所の案内はもちろんですが、
それ以前に、見込み客の方は、
自分が「場違いではないか?」
「若い人ばっかりだったらどうしよう?」
とか、少なからず不安に思うものです。

 

見込み客の方は、
「自分がそのサービスの対象者なのかどうか?」
ということが気になります。

 

それに対して、サービスの提供側が
できることは、
・以前のセミナーの写真などを掲載する
・会場やサロンの写真を掲載する
・講師のあいさつ動画を掲載する

など、雰囲気がわかるような
工夫をすることが大切になります。

 

また、講座などを受けたいな、と思って、
サイトをチェックする際も、
カリキュラムスケジュールまで
掲載してくれていると、
具体的にはっきりイメージできますよね?

 

そう、初めての場所はなにかと不安だし、
色々わかりにくい、と思われた時点で、
見込み客の方は離脱してしまいます。

まとめ

結論!できるだけ、安心材料を与えて
さしあげること。

 

これで、クライアントさんの心理的な
ハードルはぐぐっと下がります。

 

あっ、もちろん、自宅サロンだから
住所は公開できない事情がある、とか、
はじめてだから、以前のセミナーの
写真はない、なんて場合もありますよね。

 

IT講座や、
コンセプトや商品設計についての相談の中では、
そういったノウハウなんかもお伝えしています。

 

迷ったら、まずはZoomで無料相談
お待ちしています!


ITのことを相談したい、でも何から伝えたらいいのかわからない…。
そんな方におすすめの2メニュー

・女性起業家のためのIT講座
・コンセプトや商品設計についてのご相談

まずは、Zoomで30分の無料相談。お話を伺い、あなたに必要なサポートをご提案いたします。
いつでもお気軽にご連絡お待ちしています💖

お問合せはこちら
⇒ https://school.mysticmermaid888.com/contact-form/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copyrighted Image